体験したことや観光した場所を紹介

きんげの別部屋

アフィリエイト

最初はブログにアクセスないのは当たり前、ブログで挫折しない心がけ

投稿日:2018年2月14日 更新日:

アフィリエイトやアドセンス目的でブログを始める人は多くいますが、そのほとんどが5,000円も稼げずに挫折するといわれています。

特に始めて間もない1か月で挫折する人が多いようです。

お金を稼ぐということは地道な作業が必要です。

記事を書いてもインデックスに時間がかかる

今、新しくドメイン登録したサイトでブログを書いたとして、直ぐにアクセスがあるでしょうか?

新しく開設したサイトでも、直ぐにアクセスあるのが無料ブログです。あちらは運営が意図的に新サイトとしてアクセスを集めてくれますが、時間とともにアクセスが減っていきます。

反対にワードプレスで開設した場合は、最初は全然アクセスはありませんが、続けることでアクセスが増えていきます。

 

ブログで挫折しないためには、時間をかけて書いた記事がたとえ素晴らしい力作であったとしても、最初のうちはなかなかアクセスはないということを知っておく必要があります。

そもそも記事がインデックス(検索エンジンに認識)されるまでに時間がかかります

 

新しいサイトがアクセスが期待されるまでは、3か月~6か月程度は見ておく必要があります。

一般的にワードプレスはSEOに強いと言われていますが、それでもやっぱり時間がかかります。

ブログで収入を得るため、そしていきなり挫折しないためにも、半年……できれば1年はアクセスがなくても続ける覚悟が必要です。

 

ブログで生活している人も楽はしてない

ネット上で検索すると、一からブログを始めて「今では毎月何百万円」なんて記事が数多く出てきます。

そういった記事を最後まで読むと、結局はコンサルや商材を購入させるための宣伝だったりします。

ろくでもない商材を購入しても、稼げてないコンサルタントに見てもらっても、やはり稼げないことに変わりません。

 

ブログ初心者の人が、儲かっている人のブログ記事を目にして稼げない自分と比較してしまい、情けなくなって挫折してしまうということもあります。

こればっかりは修正と更新を繰り返すしかなく、稼げないのは情けないことでも何でもありません。

 

1年で稼げたのは約3千円

実は管理人も全然稼げませんでした。

更新してもほとんど稼げず、初めて1年間で稼げたのはたった3千円でした。

それまでにもブログ自体は、業者に作ってもらったホームページで8年ほど前からやっていましたが、稼げるなんて思ってもみませんでした。

会社のホームページをWordpressに変更したのが6年くらい前、その時に購入したWordpressの解説本にアフィリエイトのことが書いてあったのがきっかけで、アフィリエイトを始めました。

 

きんげ
その本には「誰でも月5万円は稼げる」と書いてあったのです。

そして、アフィリエイトを始めて思ったのが、世間で言われるほど楽ではないということです。

 

2日に1本程度の記事を書いてましたが、最初は1つの記事に3、4時間はかけてました。

 

その後、ブログを始めてから2,3か月程して、アドセンスの審査とアマゾンの審査に申し込み、合わせていくつかのASPに登録しました。

審査の承認は無事下りましたが、相変わらずアクセスはありませんでした。

きんげ
まあ、月数百円とかでしたけど

 

結局、4か月目にブログを一旦やめることになります。

その後、1か月くらいたった頃に「あれ、なんか商品が売れてる」ということが起きました。

また、アドセンスでも少しですが収入があることが分かりました。

 

現在は、そのサイトは更新していませんが、今は別のドメインを取得してブログをできるだけ更新するように頑張っています。

ただ、最近は本業のサイト更新に力を入れているので、ブログにまで手が回らないのが悩みです。

 

スポンサーリンク

まずは100記事を目標にしてみてはいかが

ブログがある程度のアクセス数を見込めるようになるのは時間がかかります。

記事数が多いほど早くアクセスが望めるので、とりあえず最初は100記事を目指してみてはいかがでしょう。

以前は、最低500記事と言われていましたが、いきなり500記事の目標を掲げてしまうと挫折する可能性があります。

 

100記事でもアクセス数が多いサイトはあります

自分が作ったサイトの中で一番アクセス数が多いのは120記事もないサイトです。

反対に初期の頃に作ったサイトには、600記事あるのに1日のアクセス数が300いかないサイトもあります。

テーマを特化させているかどうかも関係するので、できればジャンルは絞った方がよいです。

 

文字数は2000文字以上

記事数を増やすことと並んでよく言われるのが「1つの記事の文字数は○○文字以上は必要」といったものです。

管理人もこれについては同感です。

 

初期の頃は、毎日継続することを心掛けていたので、文字数が500未満のものもありました。

そのサイトは、2年続けたので700くらいの記事数でしたが、アクセス数はたいしたことなく、結局そのまま閉鎖しました。

反対に2000文字以上を意識するようになってからはアクセスが増えました。

 

なので、これから始める人は、1つの記事で2,000文字以上、最低でも1500文字以上にすることを意識するのがいいと思います。

いまだと5,000文字以上を推奨している人も増えてきました。多ければよいというわけではありませんが、文字数とアクセスは結構関係します。

 

文字数が少ないのであれば、あえて公開しないことも必要です。

ただ、noindexにしただけでは効果ないという話を聞いたことがあります。

毎日公開することを優先してごみ記事ばかり投稿してしまうと、自分のくびをしめることになる可能性があるので、意識しすぎも考えものです。

 

ブログは継続してみる

ブログは、継続することがまず大事です。

ブログを毎日更新していると、習慣化するのでだんだんと苦にならなくなります。

毎日更新していると、いつかネタが尽きてしまい、内容も薄くなるかもしれません。

薄い内容の記事は無理に公開しないということも大事です。

 

アフィリエイターの中には、記事を外注してサイトを作り上げている人もいます。

外注した場合の相場は、今だと1文字1円程度が多いようです。

マンガ広告の外注化ならココナラがおすすめ

日本人は世界的にもマンガを読む民族らしく、8割以上の日本人がマンガを読む習慣があると答えています。 管理人もマンガをよく読みます。 Contents1 公的機関の広報にもマンガが取り入れられている2 ...

続きを見る

 

専門的な記事を外注した場合は、1記事が1万円以上になることもあるようです。

会社宛てにダイレクトメールが送られてくることがあるのですが、内容を見てみると「毎月5~10記事の記事提供で月額10万円」でした。

 

記事を見て仕事に依頼がくることも

分野を特化したブログだと仕事の依頼がくることがあります。

特に専門性の高いブログだと仕事の依頼につながりやすいようです。

 

管理人は以前、社会保険労務士とファイナンシャルプランナーとして活動していましたが、記事作成の依頼はよくありました。

趣味の分野でも、ブログの内容が特化してあれば、仕事の依頼につながることがあります。

中には、本の出版につながるケースもあるようです。

 

専門的なブログで自分を売り出せば、自分を宣伝してくれる立派なメディアです。

 

まとめ

ブログを書いてもGoogleに認識されるのは時間がかかるので、アクセスがなくても1年以上更新してみることが大事です。

ブログは労働みたいなもの、ブログで稼ぐのは楽ではないと思って書き続けるしかありません。

まずは、100記事を作ることを目指してスタートしてみてはいかがでしょう。さすがに100記事書けば、アクセス数は増えるはずです。

1記事の文字数は2000文字以上、できればもっと、を意識してみるのがいいと思います。

ブログは継続することが大事です。継続させるためにも毎日やり続けて習慣化させることも必要です。

ブログの分野を特化すると仕事の依頼がきやすいといわれています。

-アフィリエイト
-, ,

Copyright© きんげの別部屋 , 2021 All Rights Reserved.